5ch勢いランキング トップ > ビジネスnews+ > 【米財政】FRB、利上げ決定とさらなる利上げ見通し発表へ-21日FOMC会合 [エリオット★] > キャッシュ - (2022-09-21 14:50:28 解析)

スレタイ検索

■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

【米財政】FRB、利上げ決定とさらなる利上げ見通し発表へ-21日FOMC会合 [エリオット★]

1 :
へっぽこ立て子@エリオット ★
2022/09/21(水) 14:49:27
→市場が注目するのは22年末と23年末のドット・プロットの内容に
→8月のCPIコア指数の大幅上昇受け1ポイント利上げも議論か

https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iqCvWDWAJOC0/v1/1200x-1.jpg
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington, D.C., US, on Wednesday, July 6, 2022. Photographer: Al Drago/Bloomberg

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がインフレ抑制の取り組みを主導する状況にあって、連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利を2008年以来の高水準に引き上げるとともに、さらなる利上げ見通しを示す構えだ。

  FOMCは21日、3会合連続となる0.75ポイント利上げを決めると予想されている。1980年代初頭のボルカーFRB議長時代以来の積極的な金融引き締めとなる。政策決定と最新の四半期経済予測は米東部時間午後2時(日本時間22日午前3時)に発表され、パウエル議長が2時半から記者会見する予定。  

  パウエル議長は金利を一段と引き上げてしばらく高水準に据え置く必要があるとしており、米金融当局者によるフェデラルファンド(FF)金利見通しを示す金利予測分布図(ドット・プロット)のうち、2022年末および23年末時点の内容が市場の注目の的となりそうだ。

Investors Are Learning to a 75 Basis-Point Hike in September/FOMC to debate 75 or 100 basis-point hike at its meeting
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/i86RlAV63Vzo/v2/pidjEfPlU1QWZop3vfGKsrX.ke8XuWirGYh1PKgEw44kE/1025x-1.png
Source:Bloomberg's World Interest Rate Probability Function

  投資家はFF金利が来年3月に4.5%近くでピークに達すると織り込んでいるが、当局者はターミナルレート(利上げの最終到達点)がどこになりそうかは曖昧なままだ。アマースト・ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は「市場が主に注目するのはドット・プロットだろう。当局が長期的に何を考えているかが明らかとなる」と語った。

  8月の米消費者物価指数(CPI)のうち、変動の大きい食料品とエネルギーを除くコア指数が予想を上回る伸びとなったのを受け、FOMC参加者は1ポイント利上げの可能性についても恐らく議論することになりそうだ。

  市場が現在織り込んでいる1ポイント利上げの確率は約20%で、ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのシニア米国エコノミスト、ロバート・デント氏は1ポイント利上げとなる公算が大きいと予想している。

  パウエル議長は7月の前回FOMC会合後の記者会見で、委員会が妥当と判断すれば、「きょうよりも大きな動きも躊躇しない」と述べ、1ポイント利上げの可能性を排除しなかった。

  パイパー・サンドラーのグローバル政策調査責任者、ロベルト・ペルリ氏は1ポイントの大幅利上げがあるかどうか、「予測は困難だ。よく議論するのが妥当だろう。当局は後れを取っており、先手を打つのが良いと考えるのではないか」と話した。

FOMC May Project Slow Growth, Higher Unemployment
Below-trend growth is Fed's goal to reduce price pressures
(FOMCでの各経済指標の年次予測値グラフはコピーできないので元ソースからご覧ください)
Source: Bloomberg survey of economists September 9-14
Note: Economists were asked to forecast what the median Federal Open Market Committee participant would estimate in the Summary of Economic Projections.

  7月の記者会見でのパウエル議長の発言はウォール街でハト派的と広く受け止められた。金利に関する明示的なフォワードガイダンスの提示をやめたことや、将来のある時点で利上げペースを緩めるとの見通しを示したことが理由だが、金融当局者はその後、インフレと闘う姿勢に後退はない点を明確にするのに何週間も費やした。

  こうした経緯を踏まえ、パウエル議長は21日の会見では、メッセージが適度にタカ派的かつ明確に受け止められるよう努めるものと考えられる。ペルリ氏は「パウエル議長が何を語るかが最も重要だ。過去の会見ではコミュニケーションに問題があった。それが繰り返されるのではないかと心配もある」と語った。

原題:
Fed to Hike and Hammer Home Hawkish Message: Decision-Day Guide(抜粋)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-09-21/fed-to-hike-and-hammer-home-hawkish-message-decision-day-guide

2022年9月21日 13:05 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-21/RIJ9FRT1UM0W01?srnd=cojp-v2
0721KB
■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

5ch勢いランキング トップ > ビジネスnews+ > 【米財政】FRB、利上げ決定とさらなる利上げ見通し発表へ-21日FOMC会合 [エリオット★] > キャッシュ - (2022-09-21 14:50:28 解析)

■トップページに戻る■
お問い合わせ/削除依頼について
[Atomフィード]