5ch勢いランキング トップ > PINKニュース+ > 【社会】「我々はコロナに感謝しないといけないんです」 小林よしのり 『新型コロナのデタラメ』全て暴く[01/09] > キャッシュ - (2021-04-09 23:20:24 解析)

スレタイ検索

■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

【社会】「我々はコロナに感謝しないといけないんです」 小林よしのり 『新型コロナのデタラメ』全て暴く[01/09]

1 :
逢いみての… ★
2021/01/09(土) 23:16:45
 菅義偉総理(72)がGoToトラベルキャンペーンの全国一斉一時停止を発表したのは、昨年12月14日だった。これで年末年始に大きな期待を寄せていた旅行業界や飲食業界の、一縷の望みが絶たれることに。

「まずGoToトラベルキャンペーンの一時停止については、ひと言で言うと、ヘタレだなぁと。支持率が急落してマズイと思ったのだろうけど、結局、菅総理は国民を見ているのではなく、政権維持しか考えていないことが見透かされてしまった。わしはずっと、経済のほうが大事と言い続けてきたが、これで年末年始の人の流れが止まり、失業、廃業、倒産、雇い止め、自死‥‥と、とてつもない数の人たちが苦しむことになった」

 小林氏はかねてから、新型コロナウイルスはインフルエンザの足元にも及ばない「弱毒性」な「珍コロ」と主張し続けてきた。

「日本におけるインフルエンザの感染者数は例年1000万人。これを365日で割ると、1日あたり3万人になる。ただ、これは正確には感染者ではなく、病院でインフルと診断された発症者の数。わしのように病院に行かず自宅で治す人も、おそらく同数はいるはず。そうなれば2000万人になる。しかもインフルは無症状の場合が多く、それを入れると1年で3000万人は感染していると考えられる。だから流行が始まって集団免疫ができれば収まってしまう。一方、コロナの感染者数は昨年12月の時点で、日本では約20万人、死者は約3000人。ただ、この3000人というのは心不全で死んでも、ガンで死んでも、死んだあとに陽性反応が出た場合、全てコロナ死としてカウントされている。つまり、コロナで直接死んだ人なんて半分もいないはず。結局、ものすごい水増しが行われているということなんです」

 とはいえ、スーパーコンピューターによるシミュレーション映像を見れば、飛沫だけでなく、空気感染による恐ろしさが喧伝されているが、

「実は今の議論は、ウイルスを語るうえで欠かせない『数の視点』が丸ごと抜け落ちているんです。京都大学の宮沢孝幸准教授(ウイルス・再生医科学研究所)によれば、新型コロナは『数で勝負するウイルス』であり、感染成立のためには少なくとも1万個のウイルスを浴びなければならないのだとか。つまり、そう簡単に感染は起きないということ。じゃなければ、とっくに通勤電車やバスの中で爆発的な感染が起こっているはず。すなわち、普通の状況では空気感染などしないのです」

 しかし、海外では7600万人以上が感染し、168万人が死亡している(20年12月20日現在)のも事実。相変わらず、専門家の中には「このまま手をこまねいてたら、日本にも同様のことが起こる」といった声も少なくない。

「よく欧米ではこうだから、日本でもいずれこうなる、といったロジックがあるけど、じゃあ、どうして日本人はさほど死んでいないのか。それは、日本人が欧米とはまったく違う風習を持った人種だからです。日本人は衛生観念が強く、ハグやキスをする文化がない。歴史的にも幾度となく疫病が流行したことで、日本人の自然免疫は強化され、獲得免疫も過去のウイルスを記録しているため、集団免疫ができている。加えてBCG接種が自然免疫を強化した可能性もある。それらの要素がうまく絡み合い、諸外国に比べて死亡者を少なく抑える要因になっている。本当はそれを知らせるべきでしょう」

 さらに、今年は新型コロナ感染拡大の影響もあり、インフルエンザの感染者数は383人(20年12月20日現在)と、例年のわずか0.5%以下に抑えられている。

「これはウイルス干渉といって、ウイルス感染で自然免疫が誘導され、他のウイルスに感染しづらくなっているから。先に細胞の受容体を占領してしまうと、あとから来るやつは入れなくなってしまうんですね。優しいコロナのおかげで、凶暴なインフルエンザが侵入できなくなってしまった。だからツインデミックにはならない。そういう意味では、我々はコロナに感謝しないといけないんです(笑)」

続く

以下ソース
https://asagei.biz/excerpt/24217

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 :
逢いみての… ★
2021/01/09(土) 23:17:03
 インフルエンザは毎年、老若男女問わず、その命を奪っているが、新型コロナによる子供や若者の死者は極めて少ない。そこが新型コロナとインフルのいちばんの差だと、小林氏は力説する。

「インフルエンザは大人だろうが子供だろうが、無差別に殺していく。でも新型コロナで亡くなった若者は、力士の男性ともうひとり。あとは死んでいない。つまり新型コロナは、子供を殺さないすばらしいウイルスと言えます(笑)。わしはなんていいやつが現れたんだろう、と思っているくらいです。だからこそ、必要以上に感染を怖がってもしかたがない。ふだんから自分の自然免疫や獲得免疫で鍛えておき、かかったらかかったで、自力で治せばいい。で、運が悪かったら死ぬ、ただそれだけのこと。それはインフルにしても、他のウイルス系の病気にしても、みな同じことです。免疫力が下がればウイルスに感染しやすくなる。だから、ふだんからストレスをためない生活を心がけるしかありません」

「弱毒」で「感染しにくく」、なおかつ「子供を殺さない」にもかかわらず、PCR検査で陽性者をあぶり出し、「指定感染症」(感染した場合の入院勧告、従わない場合の強制入院や就業制限などの措置が取られる)として、症状がなくても「隔離」。それにより「医療崩壊」の危機が迫っている。小林氏はそれが今、日本が置かれている現状だという。

「だから現場の医師の7割以上は『指定感染症から外すべきだ』と訴えています。ところが『経済より命を守れ』といった連中が不安をあおり、その結果、軽症患者まで感染症法に基づいてベッドに寝かせる状態を作り出している。それがコロナパニックの最大の問題と言えます」

 現場の声は政府に届くのだろうか。

 小林氏は「毎日発表される感染者数など、まったく意味がない」と、バッサリ斬り捨てた。

「テレビでは『今日の感染者は○人です』と騒いでいるが、この数字はあくまでも『陽性者』の数。PCR検査では、体内で自然免疫によって処理されたウイルスの死骸にも陽性反応が出る。したがって、陽性だからといって、感染者であるとは限らないんです」

 しかも驚くべきことに、そのPCR検査の方法にも問題があるといい、

「よく台湾やニュージーランドはコロナを抑え込んだと言われていますが、両国がPCR検査で使用するサーマルサイクル(反応液中に鋳型DNAが1分子でも存在すれば指数関数的に増幅し、ウイルスを検出するもの)は30回。これは1回、回すごとに倍々になりますが、日本はなんと四十数回も回している。10回も多く回せば、何でも見つかってしまいます。中には、いったい何に反応した陽性なのかわからないケースもある。(新型ではない)旧コロナかもしれない。だから回転数を30回にすれば、陽性者数も台湾やニュージーランドのように一気に低くなるはず。PCR検査にもまったく意味はありません」

 いやはや、これが事実だとしたら、連日テレビから垂れ流され続ける「コロナ報道」に真実はあるのかと、不安になってくる。

「マスコミの一部にはハッキリと『根絶しなければだめ』『根絶して経済を回せ』と言っているヤカラもいる。でも、インフルエンザも根絶できないのに、どうしてコロナを根絶できるのか。インフルにはワクチンも治療薬もあるけど、ロックダウンしようが何をしようが、根絶することは無理。結局はインフルエンザも、全国に広まったら終わります。コロナもそれと同じ道をたどるしかない」

続く
3 :
逢いみての… ★
2021/01/09(土) 23:17:12
 だからこそ、小林氏は「スウェーデン方式」を提言している。スウェーデンでは「獲得免疫の抗体と自然免疫のT細胞を合わせることで、首都ストックホルムの住民40%が免疫力を持つ」として、商店や飲食店の通常営業を認め続け、マスク着用の義務化も避けるなど、緩やかな規制でコロナ対策に取り組んできた。一方で、20年10月上旬に1000人を下回る水準だった1日あたりの新規感染者が、11月には5000人前後の水準になると「それみたことか」と、否定的な意見が相次いだ。とはいえ、1日あたりの死者数は多い日でも、第1波の半分以下の水準をキープしている。

「でも死亡したのは結局、基礎疾患を持つ人たち(約8000人)で、現実には超過死亡が減っている。同様に日本でも例年と比べ、20年は老人が最も死ななかった。じゃあ、いったい、コロナで誰が死んだのか。子供はゼロ。若者2人。高齢者も死ななかった。コロナ禍で外に出さないとか、いろいろな方策を講じて食い止めたのです」

 小林氏はさらに続ける。

「このコロナパニックは、本来死ぬべき寿命の人を死なせなかったんですね。言い方は変だけど、『死ぬ人がたまってきた』ということ。そうなると必ずどこかで、一気に死に始める時がくる。それがおそらく、コロナが終わった時なのだと思います。死者が増えるのはコロナ感染が拡大している今ではなく、落ち着いたこれからということです」

 スウェーデンはいわば「何もしない」という独自の集団免疫獲得戦略を選択した。

「先ほど言ったように、コロナを指定感染症から外せば、寿命が来た人たちはどこかの病院で死んでいく。まずいのは、指定感染症と診断されれば人工呼吸器をつけられること。そうなると、もう外すことはできない。彼らの死生観において、それは虐待。だから普通に看取り、マスクをせずに暮らしていました。日本は人工呼吸器やエクモにつないで、たった半年か1年、延命させることを望む。そんなの意味ないよ、というのがスウェーデンの死生観なのです」

 アメリカではすでにファイザー社のワクチンが認証され、追随して各国でもワクチンが開発されている。ワクチンの有効性についてはどうなのか。

「わしはインフルエンザでもワクチンなんか打ったことがないし、全部、自分の免疫で治している。そもそもウイルスは変異するものだから、昨年までは効果があったとしても、今年それが効果を発揮するとは限らない。しかも、そのワクチンが危険な場合もあるでしょう。イチかバチかで打つ人は自己責任でかまわないと思うけれど、よほどそっちのほうが勇気があるな、と。とてもじゃないが、わしは怖くて打てないね」

 ともあれ、GoTo中止により「経済より医療」に舵を切った菅政権。それにより、光が見えかけていた日本経済の流れが滞ったことは間違いない。

「経済を殺せば、必ず人々の免疫力は弱まります。なぜなら、どんどんストレスが蓄積してしまうから。結果、免疫力が下がっていく。なので『外出自粛』がより人々をコロナにかかりやすい状態に陥るよう仕向けているんです。日本が経済を回せば、おそらく世界一に発展するはず。日本人にはその力がある。しかし、今は全国民が『コロナ脳』に冒されている状態。では『コロナパニック』をあおり、日本人をオウム真理教のごとく洗脳しているのは誰なのか。その正体は‥‥」

 外出自粛にも“罠”が潜んでいたとは‥‥。1月12日発売の「アサヒ芸能」では、必要以上に「コロナは怖い」とあおり立て、日本人を「コロナ脳」に洗脳する元凶を斬っていく。
4 :
夜更かしなピンクさん
2021/01/09(土) 23:21:56
逆張りでもやって良いことと悪いことがある
死人がリアルに出る事柄でこれはダメだよ
5 :
夜更かしなピンクさん
2021/01/09(土) 23:22:36
もう後戻りできない
0721KB
■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

5ch勢いランキング トップ > PINKニュース+ > 【社会】「我々はコロナに感謝しないといけないんです」 小林よしのり 『新型コロナのデタラメ』全て暴く[01/09] > キャッシュ - (2021-04-09 23:20:24 解析)

■トップページに戻る■
お問い合わせ/削除依頼について
[Atomフィード]