5ch勢いランキング トップ > PINKニュース+ > 【性生活】彼がエッチ中に動画を撮りたがります… どういうつもり?[02/12] > キャッシュ - (2021-04-13 22:33:59 解析)

スレタイ検索

■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

【性生活】彼がエッチ中に動画を撮りたがります… どういうつもり?[02/12]

1 :
逢いみての… ★
2021/02/12(金) 00:07:30
AV男優・森林原人の性活相談

相談者:匿名・32歳・未婚

 はじめまして。偶然こちらの連載を見つけて、一気に読んでしまいました。そしてよろしければ私も相談させてください。

 私32歳、恋人35歳、付き合って1年半ほどになる彼が、最近エッチの最中に動画を撮りたがるようになりました。

 恥ずかしいし、万が一リベンジポルノされたり(そんなことをするような人ではないと信じていますが)、流出したりしたら怖いので断っています。

 それでもたまに「撮ってもいい?」と聞かれるので、「恥ずかしい 動画はやだ」と言っています。

 付き合って1年半になるのでマンネリ? 普通のエッチに飽きてしまったのでしょうか? 動画のこと以外はとくに不満もなく、将来結婚したいなと思っています。

 エッチ中に動画を撮りたがる男性の心理とは何なのですか? おかず用ですか? 森林さんの知恵をお借りしたいです。

森林の回答

 20世紀の終わりに、「彼が写真を撮りたがるけれど、写真になると私が古くなるから厭だ」という女心を歌った歌がヒットしました。2020年代になった今も、恋人を写真で残したい男心はなくなっていないでしょう。ただ、かつてと違うのは、残し方のバリエーションも、お手軽さも、管理の難しさも増したことです。

 携帯にカメラが付き、写真だけではなく、動画も簡単に撮れるようになりました。かつては撮ったものを確認したり、保存管理するのもひと手間でしたが、今はデータをその場で確認できるし、ネット上にいくらでも残しておけます。コピーするのもボタン一つです。

 撮影する、という行為が一般的になりました(大衆化)。行為が一般的になることで、そこに見出される意味も変わりました。

 かつては、写真を撮るのは上流階級である証でした。家族写真を写真館に撮りに行き、それを飾るのは家柄がそれ相応であるということで、貧しさと撮られた写真の数は反比例していました。その当時にも、恋人の裸を撮りたいと考える人はいたでしょうが、撮影が一般的でないし、性に関して世の中が閉鎖的だったので、二重の意味で特殊なことと捉えられていたでしょう。その方たちは、愛好家、もしくは変態と呼ばれ、肩身の狭い思いをしていたはずです。

 それが今は違います。家族写真を撮ることは誰にでも出来ます。動画撮影も簡単に出来るし、それを多くの人に見せることも容易になりました。

 写メ。SNS。ネット。これらが、撮影を特別なものではなくしました。同じタイミングで、性の価値観も開放的になっていきました。その結果として、裸を撮ること、性行為を撮影することが身近になりました。特別な愛好家、変態だけのものではなくなりました。

 この変化には、AVの普及も一役買っているでしょう。AV市場が拡大し、AV出演者が市民権を得るようになっていくにつれ、AVの真似をしてみたいと考える人が増えていきました。パリスヒルトンやキムカーダシアンのセックス動画の流出事件と、その後の活躍ぶりを見て、セックスを撮影する怖さを考えると同時に、ちょっとアリかもと思う人も出てきました。

 今、裸の写真を撮ること、セックスを動画で撮影することは、かつてないほどのハードルの低さです。今回の相談者も、一昔前なら、結婚の予定を取りやめることになってもおかしくない要求をされていることへの不信感より、その男性心理を知りたいと撮影要求を一般的として捉えています。それだけ世の中で当たり前のことになってきているということです。

 ただし、性的なことを撮影する際には重要な前提があって、信じられる相手であること、という条件があります。“信じられる”という条件が曖昧だから、今回の相談者のように悩む方が多くいるのです。

続く

以下ソース
https://joshi-spa.jp/1062525

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 :
逢いみての… ★
2021/02/12(金) 00:07:51
 前置きが長くなりましたが、撮影することと信頼関係が今回の相談のポイントです。この点をしっかりと考えていきたいと思います。

 撮影するという行為を、段階順に分けていきます。「セックスをする(裸を見せる)」「撮る」「残す」「当事者が見る(鑑賞する)」「第三者に見せる、見られる」となるのですが、それぞれの行為によって信じることが変わっていきます。

《各行為において信じること》

1 セックスをする(裸を見せる)
 セックスの最中に心身を傷つけない(安心安全)、好意や愛情の存在(愛情)、セックスの前後で態度や気持ちが変わらない(不変)、気持ちよくなれる(快楽の保証)

2 撮る
 撮ったものを誰にも見せない(秘密)、好きだから撮りたがる(自己の特別化)、消して欲しいと言ったらすぐに消せる(決定権の保持)

3 残す
 誰にも見つからない場所や方法で残す(保管管理の徹底)

4 当事者が見る(鑑賞する)
 自分ひとりで楽しむ(感動・歓喜)、実際に行為をしていない時も身近に感じる(愛情の時空超越化)、

5 第三者に見せる、見られる
 絶対にない(素材の完全消去可能)、万が一関係が悪化してもその一線は超えない(人格の神格化)

 上記のようになると僕は考えます。まとめてみて感じたのは、撮影をすることで信じることがめちゃくちゃ増えるということです。相手をより深く強く信じることが出来ないと撮影を許可することは出来ないはずです。でも実際は、信じられると納得しきれていないことが多いでしょう。もしくは、性的に興奮していたり、気を許しくつろいでいるタイミングに聞かれてしっかりと考えられていなかったりして、撮影した後に「もしかしたら…」と怖くなるのです。

「信じること」には、相手に対するものばかりを羅列しました。でも実は書いていないものがあって、それは自分に対するものです。

 もし相手が裏切ったり、万が一の事故的流出が起きたら、ネット上から完全に消去することも、人々の記憶から消すこともできません。その時に仕方ないと腹をくくる覚悟が持てると、自分を信じられなければなりません。この覚悟は、体に刺青を入れる人の覚悟に似ています。ネット上に残ることをデジタルタトゥーと呼びますが、刺青は自分の意志で選択するのに対して、デジタルタトゥーはそうでないことが多いという点も注意が必要です。

 さらに考えなければならないことは、2人の関係が悪化すると、撮影した写真や動画が楽しい思い出から黒歴史になるということです。関係が悪化することや別れ、裏切りを考えるのは、感情で魅かれて相手を信じ付き合っていることと矛盾するので、たいていは考えないようにします。でも、事実として、付き合った二人の関係がずっと良好なことは奇跡と言っていいほど可能性のないことです。

 つまり、第三者に見られる覚悟がなければ、性的な撮影はしない方がいいというのが僕の考えです。

続く
3 :
逢いみての… ★
2021/02/12(金) 00:08:00
 性教育の授業のようになってきたので戻します。撮影することは、いろいろな“信じる”が前提になるので、相手を信じていることの証になるのです。愛情と信じることは二卵性の双子のようで、限りなく似ているけど違うものです。愛情は今の相手に向けられたものです。信じるとは、未来の相手に向けられたものです。厳密に言うと、信じることは、信用と信頼に分けれて、信用は過去の積み重ねで生まれるもので、信頼は未来に賭けることです。ここで言っているのは信頼の方です。

 今回のケースでは、付き合って1年半なので信用があり、それを踏まえて結婚という未来に賭けようと信頼もしています。これは相手の人格や、自分の気持ちに関してのことで、撮影するとなると、秘密保持や管理能力といった別のことも信じられなければなりません。多くの男性が「絶対に誰にも見せないし、すぐ消すから」と言って撮影をしますが、そこには信用はありません。大丈夫だろうなと信頼するしかありません。この賭けは一方的過ぎます。あなたが抱えるリスクと、彼を喜ばしたり飽きられないという成果は釣り合っているでしょうか?

 撮影を許可させることは、自分を信じてくれているという証であると同時に、無茶な要求を受け入れさせるほどの支配関係にあるということです。

 そもそも、性的な行為は極めてプライバシー性の高い行為です。相手を信頼しなければ裸になったり、大切な部位を触り合うことはできません。ただし、性行為の核心部分は、男性器を持つ男性が主導権を持ちます。セックスで支配欲や所有欲を満たすのは男性で、女性は、服従感や被入手感を感じます。

 これらが、撮影をすることで強まるし、行為終了後も続くことになります。撮影で、その瞬間の出来事が関係性と一緒に切り取られるのです。男性はより強く、長く、支配欲、所有欲、独占欲を感じることが出来ます。さらに、撮影している時は、AVの撮影をしているかのような“ごっこ感”の興奮も感じられます。

 この話は、男性からの視点で、男性のカメラで撮影する場合のことです。立場が逆だったり、客観的に二人を第三者が撮るとなると話は変わってきます。「大好きだから撮影したい」という言葉には、あなたの一番好きなところはセックスさせてくれるところだという本音が隠れています。それは、自分のモノになってくれるあなたが好き、あなたは自分の欲望を満たせてくれる存在として大切、ということです。

 どうですか、少し怖くなったのではないでしょうか。でも、多くの男女関係の性的な部分は、いまだに男尊女卑の要素が残っています。それは、性器の構造の影響や、無意識に刷り込まれた価値観が再生産されてしまっているからです。でここに、最新のテクノロジーが混ざってきたのが今回の相談です。

 男性心理が知りたいという相談でしたが、一応、解決策的なものも伝えておきます。

「撮影したい」と言ってきたら、「私の携帯でならいいよ。あと、携帯は置いておくこと。2人ともが映っている映像じゃなきゃダメ。そして、見るのは直後の1回だけですぐに消すこと」と条件を出してください。この条件によって、彼が感じる支配欲や所有欲は抑えられるし、あなたが抱えるリスクも減らせます。おそらく、それだったらいいやと言ってくることでしょう。

 2021年の今は、「彼はすぐにハメ撮りをしたがるけど、私はそれを厭がるの、だって動画になってしまえば私がモノになってしまうから」という内容に書き換えます。とはいえ、今の、この瞬間の2人に互いを好きって気持ちがあって、それを強く感じるためには体をくっ付けて抱き合うことが一番であるということは変わりません。今この瞬間の“好き”の積み重ねが永遠の愛の正体です。あなたが言うべきは「ぎゅっとしててね、ダーリン」です。

https://joshi-spa.jp/wp-content/uploads/2019/11/moribayasi191107-389x507.jpg
森林原人さん
4 :
夜更かしなピンクさん
2021/02/12(金) 00:16:13
まぁ
そんな程度の女ってだけだよ
0721KB
■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

5ch勢いランキング トップ > PINKニュース+ > 【性生活】彼がエッチ中に動画を撮りたがります… どういうつもり?[02/12] > キャッシュ - (2021-04-13 22:33:59 解析)

■トップページに戻る■
お問い合わせ/削除依頼について
[Atomフィード]