5ch勢いランキング トップ > PINKニュース+ > 【社会】「アダルトサイトで見た人や!」 迷惑系ユーチューバー『おこさまらんち』炎上の根底にある女性蔑視[08/19] > キャッシュ - (2021-08-19 23:40:06 解析)

スレタイ検索

■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

【社会】「アダルトサイトで見た人や!」 迷惑系ユーチューバー『おこさまらんち』炎上の根底にある女性蔑視[08/19]

1 :
逢いみての… ★
2021/08/19(木) 23:27:34
 大阪・難波を拠点に活動しているユーチューバーグループ「おこさまらんち」が、8月2日に公開した動画が炎上し、ツイッターでもトレンド入りするなどの騒ぎとなった。

 動画の内容は、大阪市内で道を歩いている女性に大声で「〇〇(実在するアダルトサイトの名前)で見た人や!」「〇〇に出てましたよね? 握手してもらっていいですか」など大声で言い、対象となった女性たちのリアクションを見るという、いわゆる「迷惑系」に部類される内容である。

 女性たちの前に寝転がって道をふさぐだけでなく、女性たちの顔にモザイク処理をしないまま公開したことにより多くの批判を集め、7日にメンバー3人が並んだ謝罪動画を公開。「その企画がいけないことだとわからず、僕たちの軽率な考えで実行してしまいました」と話し、動画に映った女性の関係者からSNSを通じて、動画の削除を求められたことを理由に該当動画を非公開にしたことを明らかにした。

 しかし、動画公開当初に批判の声が上がった際にはメンバーの一人が「僕は今回の件でレディーファーストとか女性専用車両などが嫌いになりました。男女平等というならこう言うのを無くせ」という内容をインスタグラムのストーリーにアップ。倫理観や想像力が欠如しているだけではなく、根深い「女性蔑視」や「セックスワーカーに対する侮蔑意識」が若い世代にも受け継がれてしまっているのではないか?と感じさせる一件でもあった。

 改めて言うが、この件にはさまざまな「女性蔑視」が詰まっている。炎上している最大の理由は「女性の人権無視」だろう。モザイクもかけずに、アダルトサイトに出ていた人だと印象づけることで、その女性の職場や交際相手、家族との関係性に影響が出る可能性は非常に高い。現在、動画は削除されているようだが、それでも一度世の中に公開された動画は、デジタルタトゥーとしていつまでも残る。

 アダルトサイトに出ていないことを証明するのは、不可能に等しい。なぜなら出ていることの証明は簡単でも、出ていない場合の証明は自己申告するしかない上に、それを信じてもらうしか方法がないからだ。そういった人生を左右することを、単純に「ネタ」や「ノリ」で済むと思っている認識の甘さの根底にあるのは「女性の人権や心を軽く見ている」からにほかならない。

 実際に筆者も仕事先で「AV女優みたいな顔してる」と言われ、リアクションに困ったことがあった。そしてその時も、この件でも思ったのは「日頃お世話になっている(かもしれない)にも関わらず、さもそれを侮蔑的なネタに使うなんて、セックスワーカーの方たちに失礼ではないのか?」という点だ。

 昨年、お笑い芸人の岡村隆史(51)が、ラジオ番組でコロナ禍によって女性が貧困化し、セックスワーカーになることを期待するかような発言をし、炎上したことも記憶に久しい。そこにもやはり「セックスワーカーに対する侮蔑意識」が根底にあったように思う。

 今年6月には東京・立川市でセックスワーカーが殺害される事件も起きた。その際にも出たのが「そういう仕事についている方が悪い」という声だ。社会に職業として存在している以上は、社会にとって必要な役割であると考えるべきだと筆者は思う。

 職業である以上、セックスワーカーとして働く自分に誇りとやりがいを感じている人もおり、セックスワーカーの人はみんな嫌々働いているという決めつけが、当事者を傷つける場合もある。

 オランダでは、2000年に売春が合法化され、セックスワーカーが正式にサービス業として認められた。また、ニュージーランドでも2003年にセックスワークの「非犯罪化」が成立。セックスワーカーの安全性や社会的地位の向上、性感染症の感染率低下などに繋がったという。

続く

以下ソース
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/293531

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2 :
逢いみての… ★
2021/08/19(木) 23:27:48
 今回のユーチューバーの炎上からやや逸れるかもしれないが、セックスワーカーが「ネタ」として扱われていること自体が問題ではないか。

「ダイバーシティ(多様性)」とは、さまざまな価値観を受け入れ、共存することだ。今後、その枠組の一つとして、セックスワーカーの地位向上も必要になってくるのかもしれない。

 単なる迷惑系ユーチューバーの炎上と片付けるのではなく、社会に必要な「共存」を考える一端として考えていきたいと思う。
3 :
夜更かしなピンクさん
2021/08/19(木) 23:31:06
>>2
セックスワーカー(笑)
嫌なら股開かなきゃいいじゃん。
風俗女なんてただの商品なんだから、地位なんてねえよ。
TENGAと同じ。
4 :
夜更かしなピンクさん
2021/08/19(木) 23:31:43
ユーチューバーとかいう犯罪者の代名詞
0721KB
■トップページに戻る ■全部 ■1- ■最新50 【スレッドを最新に更新】

5ch勢いランキング トップ > PINKニュース+ > 【社会】「アダルトサイトで見た人や!」 迷惑系ユーチューバー『おこさまらんち』炎上の根底にある女性蔑視[08/19] > キャッシュ - (2021-08-19 23:40:06 解析)

■トップページに戻る■
お問い合わせ/削除依頼について
[Atomフィード]